「高橋ボクシング」守・破・離。

高橋イズム

武道を極めていく過程を表した言葉に「守・破・離」というモノがある。
「守」は基本、基礎を学び模倣していく時期、状態。
「破」は基本、基礎を破りだし、少しづつ新しい境地を切り拓いていく段階。
「離」は完全に独自の境地を開拓して、オリジナルを成し得た状態。
当然、これらはボクシングにも当てはまる。
せっかちな人は「守」を十分に学ばずに「破」や「離」に行こうとしやすい。
短期間はその方が成果が出やすいから、そうなりやすい。
じっくりと「守」をやってきた選手は後からの伸び方が違う。伸び続ける。
今、伸び悩むとき、もう一度「守」に立ち返ってみる事が突破口であり可能性を広げる方法ではないかと思う。
「守」から「破」に移るタイミングが難しい。
人それぞれの、その時期を掴み、伝える事も僕の重要な仕事。 マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧