紆余曲折。

高橋イズム

会員、選手らに一生懸命教えると、その度に引出しが増えて、自分の指導力がどんどん上がっていく。
説明しながら気づく事や、確信する事が日々生じる。
手を抜けば何も変わらない。「人の為に」という行動や思いには自分自身にも必ず恩恵が伴うのだと思う。
うまくいく事ばかりではない。「人の為に」なれずに悩む事もある。でも、それらにもきっと意味がある。
ボクシングも人生も単純ではない。「紆余曲折」それらを、どう受け取るのか、どう感じるのかは自分の心がけ次第。
気負わず、焦らず、「今できる事」をこなしていく。     マサ

  1. このブログには、いつも良い意味での刺激を受けています。
    私も自分の夢に向かって「今できる事」を始めようと思います。

  2. 会長

    よく聞く言葉ですが、「1~100」より「0~1」までが一番大変なんだと言います。
    はじめの一歩。頑張って踏み出してください!(^^)/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧