意味を持たせる事。

マサ、心の旅紀行

ハワイ行きが決まってからというもの、ハワイに行った事があるという会員さんらに話しを聞いたり、本を読んだり、と毎日しています。
この旅行をただのバカンスにするつもりはありません。ハワイというと確かにバカンス、観光、マリンスポーツ、ショッピングというイメージはあります。
僕も初海外行きをハワイというのは頭にありませんでした。もっと刺激的な東南アジアかボクシング的にはメキシコあたりを考えていました。
門司ジムのある会員さんからの勧めがあり、流れがあり、ひらめきがあり、ハワイ行きはトントン拍子に決まっていきました。
この旅の意味は、リフレッシュ。良いもの(真善美)を観る事。そして世界を感じてみる事での大きな気づき。です。
ハワイは日本語も通じるし、治安も良いし、そんなに心配する必要はないのかもしれません。学生らでも卒業旅行にと気軽に行くぐらいですから。
それでも交通マナーやチップ制度やカード社会、服装など、一度行った事のある人なら簡単な事が調べないと全然分からないという感じです。
楽観してハワイに行くという事は、ボクシングを全く知らない人が「簡単だろう」と言ってボクシングを始めるようなものだと思います。
ボクシングのビデオを観て、話しを聞いて、本を読んできた会員の方が絶対得るモノは大きいはずです。それだけの思いがあるという事が一番大切なんだと思います。
「案ずるより生むが易し」という事もあるでしょう。でも、それだと準備しておけば防げる事態に多く遭遇し、たった一度の経験の中で本当の深い学びまで辿りつけないような感じがします。
「今できる事」をやるだけやる。あとは「案ずるより生むが易し」の思いで行動に移す事は僕のボクシングや人生に対する思いと同じです。
時間にもお金にも余裕がある訳じゃない。ひとつの経験に意味を持たせ、より深く大きな経験にする為にはそれなりの準備が必要です。(~_~;)             マサ

「地球の歩き方」何度も読み返してイメージ沸かしてます。(*^^)v

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧