「高橋ボクシング」黄金比。

「高橋ボクシング」

黄金比とは絵画などの一番美しく感じる縦横が1対1.618であるような長方形の比率らしいんですが、僕がボクシングの指導でよく言う「黄金比」はそれとは関係ないのかもしれませんが、僕流に「黄金比」と言っています。
野球のピッチングなどでも言われている腕と体(体幹)の角度というか比率のようなモノです。
この型に決めるとパンチの威力が逃げません。きちんと打てたときには、今までにない感触を感じる事ができます。
この「黄金比」はスイング系のパンチ(フック、アッパー、ボディー)にすべて当てはまります。
力ではなくフォームで出す威力を会員の皆には感じてもらっています。「黄金比」の分かりやすいチェックの仕方もあるので詳しくはジムスタッフにお尋ねください。                 マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧