指導とは。

高橋イズム

「指導」とは言葉のとおり、指し示し、導く事なのだと感じています。
僕が指導していると言えば、住吉、直人、白石の三人。今までも多くの選手を指導してきました。
今、彼らは自分の意思でボクシングをし、トレーナーをし、向上しようとしています。だから安心してハワイに行く事ができました。
ここで言う「指導」とは、単なるボクシングの指導ではありません。
人が大きく向上する為には、やらされるのではなく、自らの意思で自主的に行動する事が必要なのだと思います。
世の中には、仕事ができない人や勉強ができない人が多くいる事でしょう。
僕にもそんな時代がありました。それは能力のせいではありません。「やる気」の問題でした。
仕事をする意味。勉強する意味。ボクシングをする意味。が分からず、やる気が湧くはずもなく、仮に一時的にやる気があったとしても長続きさせる事は難しいと思います。
それではどうすれば、やる気が起こり、自主的に行動できるようになるのか?
僕には僕の答えがありますが、皆さんも自主的に考えてみてください。
僕の考えは後日書きます。           マサ 
PS 偉そうに思われるかもしれませんが僕もまだまだ未熟だという事は自分が一番よく分かっています。だから真の指導者になれるように日々精進しています。

  1. 名無しのボクサー

    いつも『高橋イズム』拝見させて頂いてます。自分のストライクゾーンにバンバンきます!
    自分もボクシンクを好きでやっているのですが、自分が好きな物や事に対して挫折感や失敗、負けなどを経験した時に本当に自分がその事に対しての本当の気持ちが判ると自分は思います。
    勝っているときは見えない『物』や『気持ち』って大きいですよね。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧