スパーリング御礼。

未分類

今日は折尾ボクシングジムから西村会長率いる5名が門司ジムに出稽古(スパーリング)に来てくれました。
折尾ボクシングジムには、うちからはよく出稽古に行かせてもらっているのですが、折尾ジムからの出稽古は今回が初めてでした。

直人。前と比べるとスピードも上がり、SPも機能していたが、もう少し練習が必要。

住吉。キャリアによる勘、スピードもあり、リズムもうまくとれたがスタイルやポジショニングの安定感が課題。

喬之。得意の右フックカウンターは当たるものの、足が使えず乱打戦に巻き込まれる。フットワークと左ストレートが課題。

靖也。変則的な相手に戸惑い、練習の成果は出ず。試合までに必勝パターンを確実に身に付けるべし!
下関ジムが終わってから門司ジムで9時からのスパーリングスタート。久しぶりの他ジムとのスパーリングで多くの課題が見つかり得るモノがありました。
西村会長、そして5名の選手の方々、遅い時間に遠いところから来て頂きほんとうにありがとうございました。<(_ _)> またこちらからも伺わせて頂きます。
2週間後の試合、良い結果が出るよう祈っております。      高橋正行

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧