「今できる事」

高橋イズム

ハワイから帰って来てからというもの、体調不良もあってか、どうも仕事がはかどらない。
いつも何かをやり残している感じがある。「マサ、ハワイ旅行記」もまだ書き終えていないし、スパーリング大会の準備もまだだ。 
「指導とは」の答えも誤作動でぶっ飛んだ。(涙) 
今一番考えたい事は「指導とは」の答えだ。
僕の周りでは様々な出来事が起きている。昨日の新人戦もそうだし、ジュニアでの問題や選手志望者の解任もあった。
僕への今の課題は正に「指導」だと感じている。だからいつも考えている。「島耕作」を読むのも勉強のうちだ。
今の考えも次の日には少し変わっていく。「やる気を持たす方法」「モチベーションの維持」「その子の心のレベル」「時期」「親の教育」「環境」「小学生への指導」「選手への指導」「ハングリー精神」など、どんどんパーツが増えていく。
これが答えだ!とはなかなか言えない。今の答えなら言えるが、それも次の日には少し変わっている。
「ゆとり教育」の失敗という話しを聞く事がある。国にとっても教育や指導とは非常に難しいモノなのだと思う。
「指導」とは「人の為に」だと思う。 だからいい加減にはできない。でも今の自分の精一杯の答えで指導していくしかない。
「高橋ボクシング」の進化は皆に楽しんでもらえているようだから、今の僕のボクシングを堂々と指導する。今から見た昔の「高橋ボクシング」も決して無駄ではなかったと言える。
そう考えると「指導とは」の答えも常に向上し続けるモノでありゴールはないとも言える。
もっともっとピースを集めて、全体像がしっかり見え始めるにはもう少し時間が掛かりそうだ。
今日はスパーリング大会のスポーツ保険の問い合わせとTシャツ販売のお知らせとシフト表の書き換えをして久しぶりに熱帯魚の水槽の掃除をした。今日の門司ジムはスパーリング大会を前ににわかに活気づいていた。「マサ、ハワイ旅行記」は先程書いている途中でまたまたぶっ飛んだ。(泣)
まだやる事はたくさんあるが「今できる事」を焦らず急いでやっていこう。ゴールに向かうにはそれしかないもんな~。       マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧