模索。

高橋イズム

実態がまだ見えていないモノを手探りで探す状態を「模索」と言います。
材料が足りず、全体像が見えてこない。この時期は結構辛いと言えば辛い。
パズルで言うなら完成図の無いパズルを作り始めた状態に似ています。
なかなか全体像は見えてこない。何が分からず何に悩んでいるのかすら分からないような歯痒い状態です。
20日後の全日本選手権に向けて今、住吉がそこにハマっているようです。
新しい何かを得るときには多くの苦労や苦痛が伴います。人から簡単に与えられたモノの価値は低い。
ボクシングマガジンに書いてありましたが、楽天の野村監督が「プロフェッショナルのプロはプロセスのプロや」と言っていたそうです。
そこに至るまでの過程がいかに大事であるのかを語った良い言葉だと思います。
僕のボクシング技術も戦術も全てそうして会得してきました。
「求めれば与えられる」 決意と覚悟が物事を成就する為に必要な事だと思います。              マサ

模索しながらも「今できる事」を自らに課していく。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧