距離。

高橋イズム

ジムを始めた当初は選手らのスパーリングをリングロープに手を掛けて見ていました。
リングの中に入って指導する事もあります。
今はだいたい椅子に座って3メートルぐらい離れて見ている事がほとんどです。
この状態は僕が俯瞰的、客観的な目を持ってボクシングを見ようとしている事への表れだと思います。
今、住吉は新潟。今日は直人は一人で豊国学園ボクシング部に練習に行っています。
昔は事故やボクシングが崩れる事を恐れて一人で出稽古に行く事を許していませんでした。
しかし住直に関して言えば、もう習うだけのボクシングではなく、自ら考え、試行錯誤し、向上していく自立の時期だと思います。
様々な距離を近付けたり、離してみたりする事で僕の中にある幾多の常識を破っていこうとしています。 マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧