忘れない為には。

高橋イズム

「ボクシング的な事で前までうまく出来ていた事ができなくなる。」
そういう事がありますが、僕にはあまりありません。
僕が人からボクシングを教えてもらう事はありませんから、求めて求めて全て自分で考えて答えを出します。
ひとつの答えが出たときには毎度の事ながら大人気なくも興奮します。(笑)
そんな思いをして得た事を忘れるはずがありません。
更に強力に心に刻み込む為には、どうして出来たのかを理論化して昔はノートに書き、今はブログに書いています。同じ事をしている選手はいるのか?とビデオを観て確認します。選手や会員に教える事によって更に認識を深めます。18歳で初めてトレーナーをする前から自分の技術を後輩や友達に惜しみなく教えていました。それが自分の為になる事が分かっていましたから。
前に「もう少し隠しておいた方がいいのでは?」と言われた事もありましたが、僕がもう伸びないのであれば、それも考えるかもしれません。
だけど半年後、いや、一ヶ月後には僕のボクシングも考えも進んでいます。次元自体が変わっている事もあります。
新しいモノを手に入れる為には強く過去(古いモノ)に執着してはいけないと思います。
だけど、過去のひとつひとつの苦労して得たモノはいつまでも僕の頭に心に残り続けます。決して忘れずいつでも取り出す事ができます。 マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧