本家本元。

高橋イズム

昨日、アプライドでパソコンを購入し、初期設定をしてもらっている間に小倉に新しくできていた「珉子ラーメン」に寄った。
聞くと、門司店のおじいさんの甥っ子さんがやっているという事だった。
出てきたラーメンは匂いも見た目も本家と同じ。早速食べてみる。
「???」 同じ味なんだけど何か物足りない。
「塩加減が合わなかったら言ってくださいね。」と本家のおじいさんと同じ言葉が掛けられる。
少し調整してもらったがやはり何か物足りない。 なんだろう?
同じ肉を切るにしても切り手が変われば味が変わると言う。 そんな微妙な違いが結果として大きな違いになる。
苦労して自分で作り上げたモノと人から教えられたモノ。
ラーメンを食べながら、選手らへの指導法をもう一度考えた。  マサ

  1. 栄二

    会長!
    会長は住直白にはがゆいんでしょ???
    しかし
    彼らは彼らなりに成長してますよ。
    暖かく
    見守りましょう。

  2. 会長

    そうですね。っちゃー言えません!(笑)
    奴らにはタイムリミットがありますから。
    トレーナー(仕事人)として人間としての成長ならそこいらの若者には負けていないはずです。
    だけど僕らが目指す場所はもっと険しく大変な場所です。
    のんびりしていてはいけないんです。普通の人じゃいけないんです。そして奴らは指導者として僕に与えられた課題でもあります。
    「人を変える前に自分が変わる」
    歯痒いのは自分自身の指導者としての成長に対してなのかもしれません。 
    僕の成長を温かく見守ってください。(笑)

  3. 栄二

    会長の成長!
    お互いに成長していきましょう!!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧