気功治療。

未分類

ジムを開いて1年目でバセドウ病を発病し入院しました。今は専門の病院に3ヶ月に一度検査に行き薬をもらうだけなのですが、それからずっと目が痛いので専門医に聞いてみても目の痛みに対する明確な答えはもらえません。
僕は選手や会員のボクシングの良いポイントも悪いポイントも一瞬で見極めます。体の隅々まで一瞬でチェックして今一番大切なポイントに絞り込み指示を与えます。「ナルト」で言うなら洞察眼を異常に鋭くした「白眼」みたいな感じかな。きっとそれが目に大きな負担を与えているのだと思います。
だから極力、この「白眼」はミット時以外は多く使わないようにしています。あまり使い過ぎると目ん玉が飛び出してきて血の涙が出ます。(笑)
この目の痛みは職業病と諦めるのか?それとも何かしらの治療法を探してみるのかは・・自由だ~っ!!(古っ) という訳で会員さんからのご紹介で気功治療に行ってきました。

一時間ほど気を当ててもらいましたが、まだこれといった効果は出ていません。しかし8年間酷使してきた目ですから一度じゃ治らない事も承知の上です。

時間のあるときにまた行ってみようと思います。        マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧