向上欲。

高橋イズム

この世の中にはいろんな人がいる。素晴らしい人。未熟な人。
素晴らしい人の中に未熟な部分もあるし、未熟な人の中にも素晴らしい部分があるのかもしれない。
僕がここで言う「素晴らしい」と「未熟」とは心の話し。人生の目的は「素晴らしい人間になる事」。その結果、地位や物質的にも成功し、最高の幸せを感じたい。
「素晴らしい人間」になるというのも難しい。優しいばかりでもないし、厳しいばかりでもない。何が「素晴らしい人間」なのか?人生の真理を知らなければ本当の「素晴らしい人間」にはなれない。
暗中模索の末、その為にはなるべく「自我」を減らし「人の為に」という思いを多く持つ事が必要だと思っている。ボクシングを通じて世の為、少しでも多くの人の為になる事が僕の「今できる事」。今の自分の常識にもいつも疑問を持つ事を心掛ける。
まだまだマザーテレサになるつもりはないし、なれやしない。ボクシングを通じて学ぶ未熟者の先は長い。ほんとに大変。         マサ

  1. ゆずっこ

    幸せは自分の心が決めるけれど、素晴らしい心というのは、人が評価するものであると思います(私の考え)。
    自分自身を素晴らしいと思った時、そこで終わってしまうというか。。。如何なる時も、おごらない心を持っていたいです。
    私は人の振り見て我が振り直しっ放しです(*_*)
    会長さんや住直白くん達のブログを見て、自分自身を省みています(・_・)

  2. 会長

    幸せも素晴らしい心も自分自身が感じる事であると思います(僕の考え)。
    人の評価は気にしないというのも僕の一つの課題です。人の評価はある程度の基準にはなりますが、それに一喜一憂していては物事の本質から外れてしまう。
    参考にしてもらって恐縮ですが僕はかなりの未熟者です。住直白はもっと未熟です。(笑)たぶん「俺は素晴らしい!」とは一生言えないとは思いますが、そう言えるように頑張っていく所存です。そんな事言う奴は素晴らしくないか?笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧