信念を貫く。

高橋イズム

昔から僕は自分の信じた道を行くタイプだった。今もそれは変わらない。
だけどジムを始めてからは選手達やジム、家族など多くのモノを守るという責任を感じている。
その為か、以前より若干丸くなった事は成長とも言えるだろう。だけど、自分の信念を曲げてまで何かを守ろうとする事は正しいのだろうか?
信念自体が間違っていれば多くを失う。だから毎日勉強して正しい信念を持つように心掛けている。
何かを守る為に気を使い、自分の信念を曲げた人生なんてくそ食らえだと思う。気を使うとはどこかに依存している、又はしようとしている事なんだと思う。人に頼らず自立し、一度きりの人生を最高に輝かせたいと思う。
「信念とは人生の羅針盤。生きていく中で信念がないというのはコンパスを持たずに航海に出るようなモノ。どこに辿り着くのか見当もつかない。」とよく聞く言葉だ。また今のご時世、信念なき商売が成り立つ事も難しいと思う。ボクシングだってそうだ。
だから「正しき信念を貫く事」が結果として多くのモノを守り、自分の人生をも輝かせるのだと思う。
この気持ちを忘れずにこれからも思いっきり生きようと思う。   マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧