国弘決勝戦試合内容。

未分類

相手は僕が見たところ、全選手を見渡しても落ち着いたハードパンチャーで非常に良い選手だ。でも国弘も負けてはいない。この二人が決勝で当たり、どちらかがインターハイや国体に行けないのは福岡県にとっても損失だとさえ思う一戦だった。
第1ラウンド前半はプレッシャーを掛けられてしまうが後半には国弘がクリーンヒットを連発し、流れを引き寄せる。ポイントは分からないがこの勝負イケる!と予感させた。
第2ラウンドも一進一退の攻防が続く。勝負は最終ラウンドに持ち込まれる。
この最終ラウンドで不運な事が起きる。国弘が足をつまづかせてバランスを崩したところでレフリーからダウンを取られてしまう。必死に取り返そうと前に出る国弘。相手はかなり嫌がっている。そして勝負は判定へ・・

結果は判定負け。判定では負けたが、勝負では負けていない。素晴らしいファイティングスピリットを見せてくれた。たらればはないが、初めから指導してみたかった選手だった。残された九州大会での優勝に懸けてほしい。

豊国ボクシング部監督、杉本先生の指導の元、いい選手に育った。縁があれば門司フィットネスボクシングジムでボクシングを続けてほしいと思う。    マサ

  1. 栄二

    会長
    国弘君
    いい選手やねぇ
    仲間になりたいですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧