心のスイッチ。

高橋イズム

最近、気を付けている事。それは「心のスイッチ」を入れ過ぎないようにする事。
オーラサロンに行くと「疲れてますね」といつも言われる。
食事も睡眠も気をつけて摂っている。適度な運動も時折り体のメンテナンスもしている。極力気分転換もするように気をつけている。
でも、上の文章を見ても分かるように僕は「気」を使い過ぎているようだ。(笑)まあ、これは必要な気の使い方だとは思うが・・
ボクシングでも、指導でも、ミットでも、ブログを書いていても、人と話していてもすぐに「スイッチ」が入ってしまう。セーブする為にと、ここ数日ずっとパワーストーンを付けている。
昨日は体調が悪く、早く帰って寝ようと思っていたら、ジム終了30分前に23歳の見学者が二人。この子達とも何かの縁あっての出会いであり、「一期一会」という思いもあり、熱い話しを1時間してしまった。
そして帰って熱が出た。(^_^;)
逆に選手や会員の中には、なかなか「スイッチ」が入らないと言う人もいる。やる気満々で生まれてきたのであろう僕にしてみれば、よく分からない悩みではある。
だけど、ボクシングの指導と同じで、自分が出来る事を人にうまく伝える事が僕の役目で大切な事なのだと思っている。だから当然、自分が出来ない事は人にも伝えられない。
今、選手らに指導しているのはマインドコントロールの仕方。要するに「心のスイッチ」を入れる方法。
その為には深く深く自分を、他人を、知る事が必要だ。どうすれば「スイッチ」が入るのか?自分の経験から、そして様々な本やテレビも観る。長年の追及でいくつかの答えは見つかっている。
そんな話しを今日も会員に熱く語っていた・・まずいまずい! また「スイッチ」が入ってしもうた。(笑)      マサ

  1. 栄二

    会長!
    俺は会長のスイッチはいるの
    結構好きですよ。
    毎回
    刺激的な話が最高です。

  2. 会長

    喜んで頂いて嬉しいのですが、この調子で身が持つかかが心配です。(汗)
    昔と比べて最近はかなり指導の効率も上がってきたので、ペースを落としてはいるのですが、持って生まれた性格はなかなか変わりません。
    瞬間湯沸かし器的なこの「スイッチ」をうまくコントロールできるように調整していきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧