啓助決勝戦。

門司フィットネス試合速報

昨日の試合は県大会の敗戦から全然成長が見られないと厳しく注意を与えていた。
今日の相手も県大会の決勝と同じくかなり長身の相手。県大会では勝負的には勝っているものの反則による減点で苦渋を飲んだ。昨日もその反則を多く取られている。
何度も何度も、今日の戦い方の念を押す。
1ラウンドからリズムが良い。リードも作戦どおり機能している。完全にリズムとペースは掴んだ。
ペースとリズムが取れれば、安心して観ていられる。2ラウンドには強烈なワンツーでダウンも奪う。

啓助は九州大会の決勝のリングでボクシングの核を掴んで優勝!しかも初出場で、まだ1年生。あまりの出来過ぎの展開に何か目に見えない力の存在さえ感じさせる。今後のボクシングの為に最高のスタートを切った。

門司フィットネス的にはW優勝!これが最後の靖也にスタートを切ったばかりの啓助。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧