向上。

高橋イズム

僕は子供の頃から漠然と「有名になりたい!」という思いがあった。その為に幼い頃は「プロ野球選手」などを夢見た。ボクシングを始めてからは「世界チャンピオン」を目標に掲げた。
ジムを始めてからは「世界チャンピオンを育てる事」。それも多くのチャンピオンを育てるという事を目標とした。自分自身にも「日本一、世界一のトレーナー」という目標を持った。
今、その目標は大きくは変わらない。だけど変わった事がある。
「有名になる」「チャンピオンを多く育てる」「世界一のトレーナーになる」その先を考えるようになった。
このブログ「高橋イズム」をもっと広げたいのは、一人でも多くの「人の為に」という思いがあるからだ。
テレビや雑誌に載ればもっと大きく「人の為に」なる事ができる。そのときの為にも多くの経験から学び、ボクシングを通じても選手、会員一人一人への指導の中から多くを学び、自分自身の器を広げていかなければならないと思っている。多くの人から信用、信頼される為には目に見える実績をあげる事も必要なのだと思う。
目標は変わらない。だけど動機が変わった。「自分の為に」から「世の為、人の為に」。またそれが「自分の為に」なる事を経験している。
35年間の様々な失敗や成果など、多くの経験を経て、ようやくここまで辿り着いたように思う。          マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧