「高橋ボクシング」空振りを怖がるな。

「高橋ボクシング」

最近僕がよく選手らに言うのは「空振りを怖がるな」。
今、うちの選手は皆ガードが高い。だから選手同士でのスパーではクリーンヒットが極端に減っている。これも選手らの安全と将来を思っての事。
当たらないからといって手を出さないという方向に行くなという意味で注意をする。
打っていれば相手のガードが開く事もあるし、隙間に入る事もある。ときにはカウンターになる事もある。返しのパンチも当たるし、ペースも握る。
当たらないから、無駄打ちしたくないから、と手を出さなければ何も始まらない。「今できる事」をひとつでもやっていく事に活路が開ける。
補足しておくとフェイントもその一つ。ガードの上からでも叩いておく事もフェイントの一つ。前向きな姿勢は流れを引き寄せる力がある事を選手らにうまく伝えたい。       マサ

  1. 「空振りを怖がるな」
    全く持って同意です。
    私どももジムでの指導で、ことにミットを打ち始めた頃の会員にはよく言う言葉です。
    指導しているボクシングのスタイルそのものは若干(?)会長さんとは異なると思われるのですが、(過去に某ジムにて一緒に練習していた時、私と一緒に居たあの選手が典型的です)いずれにせよ、ボクシングで空振りを恐れて手数が減る事は本末転倒だと言う意識があります。(言っている本人が実は手数が少なくてよく怒られてましたので・・・・)
    空振りを怖れずに、手数を出す事にもちゃんとした意味があると言う事を、これから大会出場を目指す会員たちにもしっかり教えていきたいと思っています。
    私の人生も空振りの連続ですが、これはもう少し怖れた方がいいのでしょうか・・・・・・?

  2. 会長

    無闇に空振るのではなく、意味を持って空振る事が大切なのだと思います。
    また、空振ると極端に体力を消耗します。心も折れ掛けます。だからなるべくならガードの上からでも当てておいた方が良いかと思います。
    最後に当たれば、空振りにも意味があったとなります。それは人生の空振りにも言える事なのではないでしょうか?
    僕も意味ある空振りができるまでには多くの経験と勉強が必要でした。(^^;)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧