来客。

マサ日記


昨日から地元の長崎佐世保に帰ったかみやんがジムに来ている。今、かみやんは佐世保にある「ウルフパックボクシングジム」に通っている。そこで21歳の女の子にボクシングを指導する事になったらしい。
かみやんの名前は「弘一」。これは元世界チャンピオンの輪島弘一からとって名づけられたらしい。そして大のボクシングファンだ。
僕とは18のとき、福岡のジムで出会った。東京でも二年間を同じ寮で過ごした。僕のボクシング、僕の経歴を多く見てきている。しかも大のボクシングファンの為にボクシングにも詳しい。
数週間前から「心」についてのメールが幾度となく届いていた。かみやんは変わろうとしている。そしてその矢先、ジムの女の子を指導する事になったかみやん。これも何かの導きだ。
人を指導するには自分自身を高める必要がある。それは人間的にもボクシング的にも。
昨日、長崎から来たかみやんはジムでずっと僕の指導をノートとペンを持って観察している。ときには質問もしてくる。「かみやん~これ知的財産やけね。」と言いながらも教える。
まあ、かみやんとは古い仲だし、下関ジムのホームページの管理人もしてくれているから特別だ。(汗)
今日のシフトは僕が下関ジムの日。門司での朝練を終えて、かみやんも一緒に下関に入る。
下関ジムでもずっと観察しているかみやん。そこにもう一人来客が・・!!元総理の安倍さんだ!! びっくり!!
選挙回りでジムに立ち寄ったようだ。「どうも」と握手して帰られた。なんか最近、いろんな事があり過ぎで楽しいやんか。       
かみやん、今度はハブちゃん(女の子)も連れておいで~。    マサ

  1. かみやん

    突然の訪問にもかかわらず、親切なご指導を頂き、ありがとうございます。
    この2日間で、たくさんの事を学ばせていただきました。
    高橋ボクシング知的財産権を正しく情報漏洩したいと考えています。
    駐車場で別れた後は、JUNKOに遊びに行き、白石君から電話があり、すき家で食事をしました。
    「あなたの口からそのような言葉が出るようなったのか!」とJUNKOママも白石君も私に対し驚いていたことが印象に残りました。
    考え方をすこし変えただけで、人の対応がこんなに変わるのかと、感じました。
    使う言葉も少しは考えて話すようにしているだけですが、改めて言葉の使い方、話し方の重要性を痛感した一日でした。
    はぶちゃんにも北九州の出来事を話しました。高橋ボクシングに興味を持ったらしく、10月に連休を作り、一緒に門司遠征をする予定でいます。現在彼女にあしたのジョー2のDVDを見せて、思想教育中です。だいぶボクサーモードになったようです。
    また、迷いが出たら、メールまたは電話することがあると思いますが、その際は、ご指導のほどよろしくお願いします。
    紙谷 弘一

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧