徐々に。2

高橋イズム

昨日、直人に話したけど、時期には「勉強の時期」もしくは「休息期」と「実践の時期」とがあるように思う。
いつもいつも試練が与えられていては心が休まるときが無い。逆に毎日が平穏なら心が大きく向上する事ができない。
平穏な日々が続くと僕はつまらなく感じる。良くも悪くも、どんな事(自分の器に合った)でも刺激の多い人生を僕は望む。そんな性分だ。
「休息期」には、いつか来るであろう「実践の時期」に備えて本やテレビ、ジムワークや様々な人間関係の中で多くを勉強する。
「休息期」が長いと感じるなら自ら動いて、更に大きな課題や試練を見つけるようにしている。
今行っている「強化走り込み」だって住直や僕にとっては「実践の時期」。疲労、寝不足、痛み、など大きな刺激を受けている。
やり遂げた後の満足感を得る事、全日本に向けての気持ちを強くする事や体に大きな負荷を掛けた後の超回復的な肉体向上を狙っている。
チャンピオンになる為には僕の指導だけに頼らず、人の倍、三倍の練習が必要になってくる。それができるのか?
この先僕らは敢えて、もっと険しい道に入っていく事になるだろう。
いきなり大きくは変われない。徐々に徐々に・・「なりたい自分」に近づく努力を続ける。      マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧