照らし合わせ。

高橋イズム

僕は本を読むのが遅い方だと思う。それは自分の事や人の事(選手や会員など)にすべて照らし合せながら読むからだ。
ボクシングを観るときも、人の話しを聞くときも、テレビを観るときも、人の成功や失敗も、すべて照らし合せてみる。
そうすれば日々が発見と確認の連続となる。自分に足りない部分も自分の優れている部分も確実に把握できてくる。
「照らし合わせる」とは違いを知るという事だと思う。良き者と照らし合わせ、自分の悪き部分を知り、悪き者と照らし合わせ、自分の良き部分を確認する。逆に良き者と照らし合わせ、自分の良き部分を確認し、悪き者と照らし合わせ、自分の悪き部分を知る事もできる。
そんな繰り返しと日々の実践の中で少しづつ人格を高めていく努力をしている。徐々に徐々に・・        マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧