ボクシングの神様。

高橋イズム

昨日から始まった豊国のインターハイ福岡県予選に僕は行かなかった。昨日は一年生でデビュー戦となる、つかさの試合があったが、彼の選手としての練習に取り組む姿勢が間違っている事を感じ、僕のいる曜日はジムに毎日来るように命じた。しかし彼は来なかった。そして昨日、勝てるだろうと聞いていた相手に僅差の判定で負けた。
昨日の試合に行くか行かないか、ギリギリまで迷った。行かないのは「自分本位」な考えか?それとも「彼の為に」という思いか?行くのは「自分本位」な思いか?それは「彼の為に」なるのか?と何度も考えた。
行けば、アップも手伝うし、試合前の心構えも説く。試合中も大きな声で指示を飛ばして応援する事になるだろう。行って、それをしないのも不自然だ。しかし、努力を怠った彼に今、僕の力を貸す事は甘やかしであり、彼の為にはならないと思った。
「因果応報」。甘やかさず、屈辱的な初戦敗退を与えてくれたボクシングの神様は厳しくも温かいと思う。この先、この負けが有り難いと思えるように、今後の指導をしていきたい。      マサ
PS 本日おこなわれた二回戦。啓助、判定勝ちで準決勝へ駒を進めました。準決勝、決勝は来週の土日です。

  1. 啓助

    今日は中学の友達や
    中学の先生、そして中学の友達の親などがわざわざ『僕』の為に応援に来てくれました。
    その結果が情けない試合。
    今日思った事は、
    自分に甘えかすぎていました。みんなが求める試合を自分はしたいです。会長が日頃言うように『言葉ではなんとでも言える。行動で示せ』のように、
    走り込み・ジムワーク・学校とジムの2部練習。甘えないように、とにかく追い込んで自分の限界まで挑戦したいです。
    みんなの為に結果を出したいです。今日改めてボクシングの神様からボクシングの厳しさを教えてくれました。それに立ち向かいたいです。

  2. 会長

    今日のお前の文章ガタガタやぞ。ごっつ読みにくいわ(笑)
    ボクシングって「心」が出るけな。ちょっと方向を間違えるとリズムもボクシングもガタガタに崩れる。
    反省して気を引き締めて次頑張れ!準決から行く。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧