日々改善。

高橋イズム


「高橋ボクシング」四つ先。 これを閃いてまだ日が浅いが、先日の九州大会でもかなりの手応えを感じた。住直や若貴はもちろん、他の会員やジュニア達にも教えていく。
そうする事で、どんどん煮詰められていくからだ。日々改善していく中でまた新たな発見や気づきにも出会う。
住直は全日本や国体。若貴はU-15の全国大会。喬之はインターハイ。啓助は新人戦。と次々に大きな試合が控えている。
この技術が加わったおかげで、かなり可能性が広がった。でも、まだまだ本当の「武器」と言えるまでには至ってはいない。試合までにどこまで詰められるかが勝負だ!
日々改善を加え、日々向上していく事は大変だが、それが面白いし、その先にしか大きな成功や幸せはないのだと思う。           マサ

おまけ。コンビネーションを確認しながらのミット。選手それぞれの得意なパンチやコンビネーションを認識しておく事も大切だし、選手らの考えを聞く事も僕の向上にも繋がる。でも覚えるの大変~(汗)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧