変動の時。

高橋イズム

僕は毎日ジムで会員や選手らの話しを聞く機会が多くある。それらから感じられる一連の動きは、まさに「変動」と言える。
転職、結婚、離婚、試練、別れ・・と多くの話しが僕の周りだけでもゴロゴロとある。
ジム的には「ジム設立10周年」を向かえ、今年は「山口全日本」来年は「山口国体」と、その後の事も考える時期にきている。
個人的にも「高橋ボクシング」の大きな変化(向上)も感じられ、年末には結婚も控えている。
白石の「ニジェール行き」も、そんな「変動」の一つであるようにも感じられる。
日本でも「政権交代」。昨年はアメリカの「オバマ大統領誕生」と、大きな「変動」が見られた。
きっと、誰の身の回りでも一生に何度もないような大きな「変動」が起こっているのではないだろうか。
「今は変動の時です」という、ある方の言葉を聞き、周りを見渡し、自分の事も考えた末、「まさに変動の時期」だと思った。
「変動の時」は良い事も悪い事も顕著に現れるようだ。辛い事も嬉しい事も。それは「因果応報」。「因果」は正しき道を教えてくれる愛の法則。間違いや怠慢にはそれなりの結果が。正しき行いや努力にもそれなりの結果が。
良い結果からは「この調子で今後も頑張ろう!」という学びが。辛く苦い状況からは「反省し、改め、努力していこう!」という学びが得られる。
今日はU-15を来月に控えた若貴にも「勝つも負けるも因果。今だけの勝ち負けに強くこだわらず、負けや失敗を恐がらずに多くを学んで10年後に繋がるような経験をたくさん積んでいこう」と話した。
そんな話しをしながら、自分自身にも何度も言い聞かせている。人は弱い。だからいつも心の羅針盤(信念)をしっかりと持って考え、行動していく必要があるのだと思う。
このブログを書くという行為にも「人の為に」という思いだけではなく、自分自身への再確認(信念の)という意味も大いに含まれている。
「変動」は多くの学びを与えてくれる。それらから逃げず誤魔化さずに向き合って人として大きく「向上」していく良い時期なのだと思う。
今までの経験(苦労)や努力が報われる時期でもあるそうなので、ここ数年が非常に楽しみだ。この「高橋イズム」があと6年後(ブログ開始から10年後)にどうなっているのかも楽しみ~(笑)   マサ

  1. ゆずっこ

    会長さん、おめでとう\(^o^)/
    これからも頑張って(^ω^)

  2. 会長

    やはり、そこが気になりましたか・・ありがとうございます。(^^;)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧