七夕。

マサ日記

皿倉山の七夕まつり。
北九州で一番星空に近い皿倉、山上駅から山の上ホテルまでの通りに短冊のトンネルができます。200本の笹竹に数万枚の短冊が飾られ、風に舞います。会期中、短冊を用意しています。自由に短冊にあなたの願いを書いて飾ってください。(ネットから引用)

なんて催しに数年前に行った事がある。久々に今年も行ってみっかな!と八幡西区の皿倉山へ。
着いたのが夕方6時半。ケーブルカーはすでに営業終了。なんで!?今日七夕やん!天の川やん!と思いながら車で山頂駅までグルグルと登って行く。
山頂駅前から続くはずの短冊のトンネルもナッシングでサミシング。(泣) 労力と集客のバランスが取れんのかな? 古き良き催しと思うんやけどな~

山頂に着くとあいにくの曇り空。こりゃあ今日は天の川もナッシングやな。ごっつ寒いし・・

下界を覗くが、なんも見えんばい!(笑)

今日もう一つのお楽しみ、七年ぶりの復活「踊る大捜査線」を観にリバーウォークへ。織田裕二と柳葉敏郎の不仲説は知っていたが、確かに2人が絡んだシーンはワンシーンのみ。そのシーンのセリフのやり取りも非常に意味深だった。「こりゃ本当かな?」と思った。それも一つの戦略かもね。
次の四作目へと繋げる為の布石的な部分も多くあったような気がしたが、映画としては鉄板的な面白さが多くあって良かったと思う。        マサ

おまけ。おかえり深っちゃ~ん!(笑) 織田裕二(青島)は映画の中ではほんま男前やな~ まさにはまり役。署長ら笑わすわ~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧