今日の門司ジュニアスクール。

未分類


今日の門司ジュニアスクールは座禅の前に「スパーリング大会」の話しを少々。6年生の「キャプテン椋」と「ちびっ子策略家、巧」にはジュニアスクール最後となるスパーリング大会だが、残念ながら家の用事で今回は不参加となった。
6年生らには、部活代わりにボクシングを続けるか、部活に入るか、部活をしながらボクシングを続けるか、と迷う時期みたいだけど、何が好きで、何が自分を成長させる為に必要かという風に考えてみて欲しい。
人それぞれに「道」がある。それを決めるのは他の誰でもなく自分自身でしかない。
門司フィットネスボクシングジムは、人として向上する為にマイナス(嫌な事)の少ない良いジムだという自信がある。だけど他の環境に入って様々な経験をしてみる事も人として向上する為の一つの手段だとも思う。

スパーリング大会に向けたスパーリングを行った。一週間に一度の「ジュニアスクール」だが、特に今日は皆に大きな成長が見られていた。

率先して先輩らが後輩のグロービングを手伝う。これも成長の一つ。

3月いっぱいでジュニアスクールを卒業する6年生が四人。ボクシングだけでなく、どれだけの事を教える事が出来ただろうか。
卒業する四人には、まだまだ教えたい事もあるし、本格的なボクシング道になっていくのもこれからだ。もっと彼らの成長を見ていきたいという思いもあるが、そこに執着はしない。
彼らが人として大きく向上する一番の道に進んでくれたら、それでいいと思う。     マサ

おまけ。スパーリング大会に初出場する予定の裕太郎。リングネームは何にすっかな~?(笑)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧