(ジム会員通信)明日からの下関ジム営業開始時間の変更。

「会員通信」


JR西、来月から間引き運転 部品調達先に避難指示


産経新聞 3月24日(木)7時57分配信


(JR西日本は23日、在来線の約半分の路線で4月以降、運転本数を削減する「間引き運転」を実施すると発表した。日立製作所グループの部品工場が、福島第1原子力発電所から約10キロにあり、避難指示で操業ができず、モーターの交換部品の調達ができなくなったため。日立のグループ会社は、この部品で約7割のシェアを持つ。JR東や関東の私鉄も調達しているが、「在庫があり、影響は当面ない」としている。
操業停止となったのは、「浪江日立化成工業」の浪江工場(福島県浪江町)。モーターを駆動させる「直流電動機ブラシ」と呼ばれる部品を鉄道各社に納入しており、半年~1年半で交換が必要という。JR西の在来線車両約4700両のうち半分の2300両で使われており、消耗で運行ができなくなる。
このため、JR西では利用の少ない日中時間帯を中心に運転本数を削減する。京阪神エリアでは、4月11日から一部線区で終日5~15%を削減。このほか、金沢、和歌山、福知山、岡山、広島の5つのエリアでも同月2日から一部で終日10~30%程度の間引き運転を行う見通しだ。)
※ この「東日本大震災」の影響で下関に向かう電車の本数が減り、明日からはスタッフが下関ジムに到着できる時間がPM1:30分となった為に、下関ジムの営業開始が30分遅れる事となりました。
こういった事柄からも震災への関心を深め、助け合っていく事や支え合っていく事を学んでいけたらと思います。ジムの皆様には大変ご迷惑お掛けしますが、ご了承ください。      会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧