使命感。

高橋イズム

情熱大陸を観た。今回は個人ではなく、「東北楽天イーグルス」だった。
今、イーグルスは東北の被災した「人の為に」勇気を与えようと必死に戦っているのが強く伝わってきた。
この姿勢こそが本来、プロスポーツ選手のあるべき姿なのだと思う。
僕も自分自身の向上と「人の為に」という熱い思いを持っていつも挑戦し続けている。
成績を上げたい。成功したい。お金が欲しい。と皆が思うだろう。
だけど、それは何の為なのか?
「世の為、人の為に」という正しき使命感を持ったとき、人の力は最大限に発揮されるように思う。
情熱や向上心、それらに対する強い継続力も、その使命感があってこそだと僕は思う。
自分自身の向上にも、日々の指導にも、人の相談に乗るのにも、このブログにも、すべては「世の為、人の為に」という強い使命感が働いている。 マサ

  1. りー

    先日女優の田中好子さんが亡くなられました。告別式において彼女の最後の言葉が流されましたが、胸を打たれた方は多いと思います。
    過酷な病気で死を前にしてもなお「人のために」と話されているのを聞いたとき、会長がいつも言われてる「人の為に」という言葉を思い出しました。
    活動の場は違っても「人の為に」という思いは同じ。
    これからもがんばってください。

  2. 会長

    ありがとうございます。たぶん人は死に直面したときこそ、本当の生きる意味を考え、それが分かるのだと思います。
    死するそのときを考え、日々後悔のないように生きる事が大切なように思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧