下関ジュニア「心の勉強」。

高橋イズム


住吉曰く、今日僕が入る下関ジュニアスクールは4週間ぶりだとか。久しぶりの下関ジュニアに今日は急遽「心の勉強」で皆の人間的成長を確かめてみた。

僕の質問に挙手で答えていくジュニア達。

挙手のない子には、指名~(笑)

低学年組のリュウセイ、リク、と新ジュニアのヤスフミ。そしてソラ。まだ大きな人間的成長を促す事は難しいが、今までの経験からも高学年に上がるあたりから、皆目覚ましい成長を見せてきた。
強制はしないし、焦りもない。彼らの成長を信じて、心に「種」を蒔いておく事が 「今できる事」 なのだと思う。

誰にでも「心を開ける人間」へと育つ為にも、彼らの主張を重んじ、否定と強制は極力避けていきたい。そして、笑いも大事~

そんな中、徐々に「心の勉強」に興味を持ち出すジュニアが増えていく。
今日はリングの中での「心の勉強」を行ってみた。皆と同じ目線に合わせたせいか、非常にいい「心の勉強」となったように思う。今後もこのスタイルやな。
ちなみに来週は啓助の九州大会in鹿児島の為、僕は留守です。再来週の門司ジュニアで「心の勉強」の予定です。

世の中には「聞けない人」 「聞かない人」 「聞いてもやらない人」 「聞いていつかやろうと思う人」 「聞いてすぐやる人」 といる。 誰が一番人間的成長が早いかは考えれば子供にも分かる事。
変わるには勇気がいる。知識がいる。経験がいる。それでも変えなければ現状は何も変わらない。より良い人生を送る為に 「今できる事」 を考え、すぐに行動に移していこうと伝えた。
最後は「人志松本の○○の話」で聞いたマクドナルド社長にまつわる鳥肌モノの話をして終えた。
ジュニア達に対する僕の考え方や指導が変わった。それにより僕にもジュニア達にも掛かるストレスが無くなった。
これも、苦しみは自分自身が作っている事を表しているのだと思う。だから人生は「自分次第なのだと思う。 マサ
 

おまけ。座頭市リュウセイ カワイイ(笑)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧