今日の門司ジュニアスクール。

未分類


今日は夏休み最後の土曜日という事でお休みの多かったジュニアスクール。

今日で二回目の新入りジュニア カズマ もいるので、座禅の後に心の勉強を少し長めに。
挨拶の大切さ、返事は大きな声で、自主的に考えて練習、よく見る事、逃げない事、一生懸命練習する事、ボクシングをする意味、などを波長と因果を絡めながら分かり易く話す。
一人ずつ入ってくるから、その度に繰り返し同じ事を言っていくので大変。(^^;) でも、その繰り返しが指導って事なんだと思い、臨んでいる。
入ったばかりのジュニアのほとんどが、始めは「心の勉強」に着いてこれない。今やっているマルコムステップやボクシングもいきなりはできない。
でも、徐々に徐々に変化が現れてくる。今は分からなくても、いつか分かるときがくる。指導って根気のいるモノだと強く感じている。
「今」を懸命に生きる事も大事だが、指導者や親には子供の成長を「長期的」に見守る視野が必要なのだと思う。   マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧