九州のタイソンと。

関門JAPANボクシングジム

今日は「九州のタイソン」の異名を持つ別府選手(日本ウエルター級4位 東洋3位)とのスパーリングに久留米櫛間ジムにお邪魔しました。

約2時間で久留米櫛間ジムに到着!約2時間で久留米櫛間ジムに到着!

「試合前より緊張する」とチェンジ濱島。

アップが終わり、いよいよスパーリング。

全5ラウンドの内、3ラウンドまでは濱島もかなり健闘していたが・・

最後の5ラウンドは別府くんの圧力に押され出した。

新人王戦もすべてKO勝ちで連続KO勝ちの日本記録に迫っていた別府くんはいまだ無敗。

そこには単純なパワーだけではないバネや脱力、集約といった資質と、スタミナや練習量、駆け引きという努力と、彼自身の人間性から生まれている人間力が感じられた。

櫛間会長は、彼のすべてに期待して「チャンピオン」へのレールを引き続けている。

すごい情熱と愛情だと思った。

櫛間会長最後の夢が叶い、別府くんがチャンピオンになる事を祈ってます。

そして濱島が強くなったらいつか九州のタイソンに挑戦させてください!(^^)

チェンジも日本チャンピオンに肉薄している同階級の別府くんと対峙して多くの事を感じられたようだ。

櫛間会長、別府くんありがとう!チェンジにとってとてもいい経験ができました!

一試合終えただけの経験値と学びがありました。

代償は鼻血と脇腹損傷・・笑

いい経験しました。(^^)

9月20日~21日はアクセルとジャンプと東京出稽古に行ってきます!(;^_^A

みんな関門からチャンピオンにします!

おまけ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧