関門JAPANボクシングジム始動!

関門JAPANボクシングジム

住直との目標、「W日本チャンピオン」を叶えるべく、去年12月に西部日本プロボクシング協会に加盟の申請をし、昨日2月5日の「総会」で承認され、正式に決定致しました。
加盟したのは下関ジムの方で、とりあえずは「門司フィットネスボクシングジムin下関」内に「プロコース」として追加する形となり、基本的にジムは今までどおり、「会員主体」と考えています。
プロ加盟したジムの名称は    
        「関門JAPANボクシングジム」 です。
このネーミングは何度も考え、練り直しながら辿り着いたモノです。僕の生まれ故郷「門司」と関門海峡を挟み、プロ加盟にまで至った「下関ジム」。下関へのジム設立は住直との約束「プロ加盟」という目標に向けての資金作りの為でもありました。
そういった事からも 「門司」、「下関」、どちらへの感謝も込めて「関門」と名付け、いつかは「日の丸」を背負って戦っていくジムになるんだという希望を込めて「JAPAN」という言葉を入れました。
「夢」を叶える為には何が大切なのかは分かっています。「最後まで諦めない」 この思いは絶対に必要です。しかしそれだけでもないと思います。「心技体」これらすべてにおいてのあくなき追求、または向上が必要なのだと思っています。
僕らがボクシングをおこなう中で、「チャンピオン」や「成功」を目指す事は人間的に成長する為の手段であって、それが目的ではありません。
僕らがこの思いを実践し、成し遂げていく姿を見せる事は、自身の「人間的成長」と同じように、世の中に対する「使命」なのだとも思っています。
住直とのアマチュアボクシングからプロボクシングへの移行にも意味がありますが、それはまた書きます。
これからは住直に続く「プロ選手」も育成していきます。~関門から世界へ~ を胸に、楽しく、詳しく、ときには厳しく、強い信頼関係を築き、愛ある指導をおこなっていきます。共に夢や目標に向かって人間的な成長を求める君を待ってます! 
ジム会員の皆さん、そしてこのブログを読んでくれている皆様、今後、「門司フィットネスボクシングジム」ならびに「関門JAPANボクシングジム」はより一層の精進をして参りますので、今後も応援宜しくお願い致します。     
                       関門JAPANボクシングジム 会長 高橋正行
PS 関門JAPANのロゴ等が出来上がり次第、下関ジムのホームページや名刺等を変更していきますので、今しばらくお待ち下さい。

住直!下関の地で再スタート!!

  1. kitaura

    プロ加盟、新しいジム命名おめでとう御座います、これからの高橋会長、ジムの皆様の新しい目標と門出にお祝いを贈ります。希望と高い理想に向かってがんばって行かれることだと思います、長崎からも応援しています。またお会い出来る日を楽しみにしています。

  2. 栄二

    ついに始動!
    関門ジャパン!
    おめでとうございます。
    会長!忙しくなりますね|(^^)v

  3. 会長

    kitauraさん、ありがとうございます。とかく成果主義に陥り易いボクシングという競技ですが、信念を曲げる事なくこれからも頑張っていきます。
    栄二さんもありがとうございます!苦労もみんなで分け合い、感動もみんなで分け合いましょー(^^)/

  4. いっきゅう

     高橋会長、いきなりスイマセン、もうあれは20年以上前になります。覚えていらっしゃるかはわかりませんが、小倉のジムで一緒に練習していた元日本Jバンタム級1位中川(Jバンタム級)(ヨネクラ)です。 このサイトを見て、ジムを出されたんですね(凄い!!) 日本チャンピオン是非育てて下さい!! 僕は、タイトルを取れずに引退してしまったけど、会長の教え子ならいけますよ!!  関西、東京のジムは確かに興行が多いからチャンスもありますが、ボクシングのレベルは全く同じで会長の”思い入れ”ならチャンピオンとれます!!
     下関からチャンピオン!! 期待しております。
    サイトを見て感動しました
    心から応援しています!!

  5. 会長

    中川さん、本当にお久しぶりです。東京時代以来ですね。
    中川さんと出会った小倉高橋時代は自分自身でボクシングを考えて練習していくという不安定ながらも楽しい時代でした。その中でも異彩を放っていた中川さんには僕をはじめ、多くの人が憧れていましたよ。(^^)
    ほんとに僕は未熟な考えを持ってボクシングをしてしまったので今、敗者復活の人生を送ってます。(^^;)
    孤独な選手時代とは違い、選手らやTEAMと苦楽を共に成長していきたいと思ってます。
    まだまだ時間は掛かるかもしれませんが、諦めずに希望を持って頑張っていきますので応援宜しくお願い致します!

  6. 中川ゆうや

    頑張ってください

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧