会場決め&ミーティング。

関門JAPANボクシングジム


昨日は初自主興行の会場となる海峡メッセ下関へ下見。候補は、よくプロレス等もおこなわれている一階展示場か・・

四階イベントホールか・・

イベントホールの方は照明も音響設備も完備しているが、使用料が約倍になる・・

ジムに戻ってからは住直のマッチメイク(対戦相手探し)や各ジムの興行ノウハウを教えて頂きながら準備を進めていく。正規のプロモーターを目指して日々勉強あるのみ!

そして夜11時。住直と次戦と初興行に向けてのミーティング。今日は3人だけのミニ祝勝会として始めの一杯だけはアルコールOKにすると、遠慮なく生ビール大を頼むアクセル。
その後、皆で自主興行の話を4時間ほどした。一番大切にする事は 「お客様の為に」 「応援してくれる人の為に」  この信念は11年間のジム経営とアマチュアボクシングの中で学んできた事だ。
そして 「出場選手やボクシング協会の為にボクシング界を盛り上げていく」 事も考えている。
ふと目にした新聞に、ある分野で3年連続日本一の営業マンが「お客さまの為に徹する事で利益は後からついてくる」と語った言葉があった。
相変わらずゾロ目や続き番号もよく見ているし、この方向で間違いはないと思った。
住直と話し合って会場は4階イベントホールにする事に決めた。
門司フィットネスで培った 「人の為に」 「今できる事」 「自分次第」 といった信念を関門JAPANとしてプロボクシング界の中でも貫いていく。
そこに関門JAPANのテーマ 観る者に「勇気」と「感動」を与える がきっとあるはずだ。  マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧