特別シフト。

高橋イズム


昨日は久しぶりの特別シフト。直人のミット受けや指導、会員への対応を見ていく。

新しく考案中の「新チューブトレーニング」。ただ引っ張るだけではなく、大事なのはフォームや注意点といった「細部」。

サッカーの元日本代表岡田監督は「勝負の神様は細部に宿る」と語っている。細かい部分を大切にする事で精度やクオリティが上がる。だからといって絶対に勝てる訳ではないが、長い目で見れば勝率は必ず上がっていくと僕は信じてやってきた。
門司フィッネスを始める前、現役の頃から細部にも強いこだわりを持ってボクシングを追及してきた。

その「こだわり」が今の門司フィットネスを。そして関門JAPANを作った。飽くなき追及は厳しく険しい。だけど、その先に大きな成長と感動がいつか訪れる事を僕は知っている。
それを望む人もいれば望まない人もいる。だから楽しく教える指導とこだわった指導。どちらの引き出しも持ち、それぞれの希望や要求に合わせた指導が必要になる。車中で直人にそんな事を話しながら家路に着いた。
それは僕にとってもボクシング以外の分野で強く問われている課題でもある。    マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧