有正プロテスト。3

関門JAPANボクシングジム


正樹からプロテストスタート!よし!相手も右利き。


課題を守り、何度も相手をグらつかせるパンチを決めた。正樹の本当の課題は2ラウンドから。「正樹!集中な!!」


2ラウンドに入ってもボクシングを完遂はするものの、やはりスタミナに課題を感じさせるテストとなった。


続いて有亮。相手は右利きながらも長身でアグレッシブなスタイルの為、1ラウンドは後手に回ってしまった。前から感じている有亮の課題・・ここが出たか~


「有亮!重心を前に!もっとアグレッシブに!!」


1ラウンドは後手に回り、ペースを取れなかった有亮だが、2ラウンドは日頃の練習の成果を表し、ワンツーでスタンディングダウンを奪う。攻め落とす事はできなかったが、起死回生の一発を決めたあたりに有亮の人間的成長が感じられた。


正樹は「スタミナ(継続)」。有亮は「アグレッシブ(勇気)」と課題を残しつつも、まずまずのデキで無事プロテストの合格証を頂いた!どちらの課題もとどのつまりは「心」にある。人間的成長がボクシングに表れ、ボクシング的成長が人としても表れる。

ここからがスタートだ!TEAM関門JAPAN皆で一緒に成長していこう!   


プロテストが終わり、折尾ジムの興行を皆で観戦。8月の自主興行に向け、僕も勉強!


山口さんもわざわざお休みのところありがとうございました。悠紀もカメラ係ありがとな!応援頂いた皆さん、折尾ジムの皆様、各ジム関係者の皆様、コミッションの皆様、ありがとうございました。       

                               関門JAPAN 高橋

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧