今日の関門JAPAN。

関門JAPANボクシングジム


昨日プロテストに受かったばかりの有正が関門JAPAN(住直)の練習に合流。

高校生で言えば3年生の住直と一年生の有正という位置付けになる。故に合同練習では住直を中心に指導する為、有正のミットは持たない。二人にミットの持ち方を教えてもう一度基礎力の底上げを図る。

まだキャリアの足りない二人にはマスボクシングを多めに。

そして根性を上げるロードワーク。

頑張れよ~ 自分に負けて試合に勝てんぞ~ と叫びながらレナード号で追いかける。

周の後半に上り坂がくるのが、気持ちを鍛えるのにいいコースだ。

徐々に顔が険しくなってくる。

正樹に後で聞いたら 「走るのキツくて田んぼに突っ込もうと思いました」 と言う程きつかったらしい。笑

さあ!ラスト!力を振り絞れっ!「強くなりたい!」とジムに来る人は多い。だけど技術だけで本当に強くはならない。苦しみや逆境に打ち克ってこそ、本当の強さが身に付くのだと思う。

本当の強さ。それは人として強く、優しくなる事なのだと思う。感謝の思いを持ち、自他共の成長、自他共の幸せを目指してTEAM関門JAPAN皆で頑張っていこう!     会長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧