ジャンプせよ!

関門JAPANボクシングジム


今日はフィーバーがいないのでバーニングがジャンプの相手をしてやった。(誰の事かわかる?笑)
5ラウンドのマスボクシング。バーニングが手を抜いてはいるが、バーニング相手に最後まで気を抜かずに戦えるようになった事に正樹の成長を感じた。
苦しいロードワークや有亮とのスパーリングの中で培った精神力と集中力。これがきっと今後の仕事や人生にも役立つはずだ。

その後、久々に正樹のミットを受けてみた。まだまだ教えていない事がたくさんある。しかし、基礎を飛ばして応用技術を教える気はない。4回戦で最後に勝負を決めるのは弛まぬ努力と基礎力だろう。
自身のテーマ 「続ける事」 を課題とし、正樹の持つ壁をジャンプして乗り越えてほしいという思いを込めて付けたリングネーム「ジャンプ池尾」。
候補に 「ウルフ池尾」 や 「迷わず池尾」 などがあったが、前向きで今までにない「ジャンプ」を僕は押した。

基礎ながらもアウトサイドと・・

インサイドの違いや使い方を指導。少しずつ試合に向けての実戦的技術を入れていく頃だ。  マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧