フィーバーせよ!

関門JAPANボクシングジム


二日前から試合に向けての走り込みを開始した。

いつも皆を引っ張るのはフィーバー真木こと有亮。強い体と持久力がこれからの武器になっていく事だろう。

ラスト~ッ!!の声に応えて最後の最後に 「おーっ!おーっ!」 と雄叫びを上げながら更にペースを上げる有亮。

ここまで自分を追い込む事ができるのが有亮の一番の武器かもしれない。住直!負けとる場合やないぞ!

パチンコ屋でバイトしていた有亮がお金を貯めて欲しい車を買いたいと言っていたのに対して 「もったいない。今なら、その金で外国行く方が絶対自分の為になるぞ」 と言ったら、すぐにアメリカに飛んだ有亮。
その経験は若い有亮に大きな刺激と感動を与えたようだ。若いとは別の言い方をすれば「知らない」という事でもある。もっと言えば人生の意味とは「知る(成長)」事だとも言える。
まだまだ若いから知らない事や間違う事も多々ある。だけど、それに気づいたらすぐに改善できるところが有亮を僕が一番認めている部分。
僕が今感じている有亮の課題は「勇気」。
だけど、その課題も有亮ならきっと早くに改善し、乗り越えていくだろうと思っている。
ちなみにリングネームの 「フィーバー真木」 はパチンコ屋で働いていた事と有亮の明るい性格、そして自身の壁を打ち破って勝利していく姿をイメージして命名した。      マサ

走り込みが終わって次の練習に備えてストレッチする組と・・

目をつぶって現実逃避型の二人。笑

おまけ。池尾整骨院 笑

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧