関ドラVOL.1 アクセル住吉(関門JAPAN)VS中間勇輝(VADY)

関門JAPANボクシングジム


直人の試合が終わり、住吉の最終チェック。「もう一回ワンツーだけいいですか?」と住吉。どこかしっくりいっていない感じがしたんだろう。正直、この時点での動きは堅かった。

バーニングと同じく、入場前にアクセル住吉の煽りVTRが放映される。(制作 中川編集長)


「相手は敵じゃない。自分に課題を与えてくれるありがたい存在です」 まんま高橋イズムだけど、それでいい!大事なのは心底そう思えているかどうか。
その言葉に偽りがないか、今日の試合しかと見届けたる!

「試合より練習の方がキツイ でも壁を超えないと自分に負けちゃうんで・・」 これは住吉自身の言葉。笑

ドーーンッ!!いよいよアクセル住吉の入場だっ!

暗幕の裏でTEAM関門JAPAN達と拳を合わせて士気を上げる。

リング下で最後の儀式を終え・・

リングイン!!

メインイベントらしく花束をいくつか頂き・・

「赤コーナー!関門JAPAN所属!アクセル住吉ーーっ!!」 のリングコール!

「青コーナー!VADY所属!中間勇輝ーーっ!!」 パンチのある強気なボクサーだけに油断は禁物!

丁寧に!丁寧に!なめるなよ!動きを止めるな!リズムを大切に!

中間選手、高嶋会長。短い試合間隔の中、対戦を受けて頂きありがとうございます!熱い闘いをよろしくお願いします!

リングを降りる前にも 「丁寧に!」 もう一度念を押す。
  
会場はほぼ満員。関門ドラマティックファイトいよいよ最後のドラマが始まる・・
                        アクセル戦Ⅱへつづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧