折尾ジム、切間くん来ジム。

関門JAPANボクシングジム


昨日は同じく11月にシンガポールで元フィリピンチャンピオンとの対戦が決まっている切間くんと折尾ジム、西村会長が初めて関門JAPANに来ジム。

日本スーパーウエルター級2位の切間くんを相手に6ラウンドのスパーリング。

1分のインターバルをとってラウンド毎に指示を与え、ボクシングの組み立てや修正、改善を試していった。
切間くんは減量のキツい時期ではあったが、プロ第三戦目にしての住吉の成長、「高橋ボクシング」の向上、練習の成果、が顕著に表れている内容だったように思う。
まだ改善点も、向上できる点もある。あと25日。「今できる事」の中でどこまで高められるかに勝敗の行方がかかっているのだと思う。
だけど、それもすべては「人間的成長」の為の手段である事を忘れてはいない。勝ち負けにこだわり過ぎず「成長第一」としてボクシング道を進んでいく。     マサ
PS 西村会長、切間くん、ありがとうございました。また水曜日はコチラから伺いますのでよろしくお願いします。<(_ _)>   

おまけ。ぐっさんもセコンドとして視察。アザス<(_ _)>

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧