進化。

関門JAPANボクシングジム


昨日も休日返上で、夕方6時から青空西田くんにジムに来てもらってスパーリング。


二日前に来てもらったときに試した事は30点。まだ僕の思いと住吉のイメージが合致していない事を確認できた。


そして今日のデキは60点。先日よりも改善はできたが、まだ伝わっていない部分が明らかになった。


西田くんはハードパンチのカウンターパンチャーなので、僕が伝えたい住吉の課題がはっきりと表れる。


試合まであと半月。この時期に苦しみ、改善し、進化する事で自信を深めて試合に向かえる。

対戦相手に対する攻略法もあるが、今、一番大切な事は住吉自身の進化。

計画的な減量や身体のメンテナンスでコンディションを整え、走り込みでスタミナを付け、ジムワークでボクシングの向上を図る。

意志の疎通を図る事や様々な角度から見た人間的成長もボクシングに表れる。

アマチュアと比べ、プロの試合数は極端に少ない。だからこそ、その一戦一戦の中でもがき苦しみ、進化していく事が必要だ。

勝ち負けより大切な「進化」や「人間的成長」を遂げる事が試合というモノの本当の意味なのだと思う。

「進化」するという事は成長したという事。だからこそ勝つ可能性もグッと高くなる。この試合だけに限らず、今後の為にも大きく関わる。

     「苦労なくして成長なし!成長なくして成功なし!」      

青空西田くんの存在で、住吉に進化のチャンスが与えられている。感謝。    マサ


おまけ。12月に試合の決まっている有亮も二人を相手してスパーリング。本格的にボクシングを始めてまだ半年。まだまだ教えていない事もやっていない練習も山積みだ。日々改善、日々進化を目指す事が「今できる事」。フェイスブックの更新も課題だ。笑

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧