アクセル住吉、世界ランカー戦まであと4日。

関門JAPANボクシングジム


新しいボクシング、新しい住吉のスタイルを模索し、やれるところまで煮詰めてきた。


「勝ちたい」という強い気持ちがボクシングを固くさせたが、その気持ちも徐々にコントロールできてきた。


60キロ契約ウエートという事で、減量が心配されたが、逆に僕が課した計画的減量をきちんとおこない、今までにない程順調にいっている。

「会長!減量の仕方分かってきました!」というアクセル。

もっと早くできるようになってれば、アマチュアボクシングの方でももう少し成績残せたんやけどなー(-_-)

初のアウェイであり、相手が世界ランカーという事で今までになく慎重になり、気負う事もあり、学ぶ事が多くある。

やはり相手は成長する為の「有り難い課題」。


新たにカットマンを任せる事になったデュラン熊井くんは仕事が救命救急という事で止血には詳しい。オヤジファイトで勝利した熊井くんがセコンドに加わる。いい傾向だ。


今日は関門JAPANのセコンドぐっさん、熊井くんに来てもらい、入場からセコンドの練習までをした。試合と同様の8オンスグローブでのマスボクシング。


カットは熊井、サポート全般はぐっさん。よろしくお願いしマース!


試合までの練習はとりあえず明日で終わり。水曜日は身体を休めて最後のミーティングをおこなう。22日の計量が終わった後に、恒例の確認練習を行う為に直人も同行。


走り込み、減量、ボクシングの進化、心の成長と「今できる事」はやってきた。あと4日。神戸に勇気と感動を!   マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧