アクセル試合準備~入場まで。

関門JAPANボクシングジム


昼12時。関門JAPAN応援団が会場に到着!


総勢40名が次々に来場。みんな遙々門司と下関から応援ありがとうございます!<(_ _)>


会場の雰囲気も良く、見慣れた応援団の顔ぶれがあるおかげでアウェイ感がない。


前日から行っている気功を会場入りしてからも。これで身体の動きが良くなる。


いよいよテーピング&バンテージを巻き、試合の準備にかかる。


通常の腕振り体操、呼吸法、シャドーを終え、直人とシャドーマスで目慣らし。


そして、いよいよミット。このミットで今日の住吉の状態が確定する。


本人には言わなかったが、このミットの感触はここ最近で最低だった。ジャブは芯が外れ、右ストレートは力んだ手打ち。この段階で今日の勝負が厳しい事を悟った。


直人の案で「ブロック練習しとこう」とガードの上やおでこを強く打った。最後に手ミットで芯を打つ感覚を取り戻させて準備完了。


関門JAPAN応援団が見守る・・


横断幕もセットされ・・


初のガウンに袖を通し、いよいよ入場。


TEAM関門JAPANに集合してもらい、皆と意志の疎通を図る。みんなサポートや応援ありがとう。


「神戸に勇気と感動を!いくぞ!!」 「おーっ!!」


胸躍るアクセルのテーマソングが流れアクセル住吉入場!


リング下、いつもより少し長い時間集中し・・


アクセル住吉!リングイン!!     試合内容へつづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧