バーニングライト解禁!

関門JAPANボクシングジム


プロデビュー戦で痛めた直人の右拳。毎日毎日気功を当てても治らなかった右拳。遂には手術をし、温存してきた右拳。それを本日解禁!


怪我との闘いの中で得たモノは「左の強化」「ポジティブシンキング(プラス思考)」「忍耐力」「新しいボクシングスタイル」など少なくない。プロ第二戦目での苦戦の悔しさも今思えば直人の進化にとって必要なモノだった。


その右が思い切り打てる喜び。そしてデビュー戦で気づいた右ストレートの改善点がここに生きている。今までにない威力の右ストレートになった。


進化したバーニング石井のボクシングスタイル。そして火を噴くか?バーニングライト!

ほとんどの怪我は自身の「因果」ではあると思う。我が怪しいって書くし。

その怪我がなかなか治らない。そういった場合は人として成長する為の「試練」なのだと考えられる。

気功や病院で簡単に治ってしまえば、学びはない。人としての成長もない。だから治らないのだと思う。

人として成長したとき、進化したとき、怪我は治り、その役目を終える。

バーニング石井、腐らずよく堪えた。

直人の頑張りが、経験が、関門JAPANの後輩達や回りに与える影響は大きい。その為にも今度の試合は勝って欲しい。

 「苦労なくして成長なし!成長なくして成功なし!」    マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧