ジャンプ池尾(関門JAPAN)VS黒川浩道(ヤマカワスポーツ)。

関門JAPANボクシングジム


ジャンプ池尾、勢いよくリングイン!関門JAPANの一発目!前回は悔しいKO負けを喫したが、今回の正樹には、前回とは明らかに違う明確な「課題」がある。


その課題を持って闘えば、きっと大丈夫。能力も努力も負けていないと思う。


第1ラウンド。前回のダウンの記憶からよく相手を見ながら戦っている。互いにクリーンヒットはないが、手数は相手が上。このラウンドは10対9で相手か?しかしそれは想定内。


インターバル中。「どうや?よく見えるやろ?」「はい!」「パンチはあるか?」「大丈夫です!」「よし!じゃあ少し手数を出していこう」。


第2ラウンドに入ってもあまり手数は増えない。相手もよく練習している。足がよく動き、手数が出るので、思うように間が詰められない。それでも正樹のペースも悪くはない。


第3ラウンド。二回ほど効かせて相手がグラつく。「正樹!チャンス!!」ここから正樹の追い上げが始まった。が・・


1、2ラウンドのツケがあり、判定はドロー。勝負的には勝っていた為に悔しい結果となった。

だけど、僕は思った「神様、まだ正樹を辞めさせない気やな?」って。笑

前回、勝てる試合を焦り、ムキになり落とした。

だから今回の正樹には「すべてを出す!4ラウンド戦い切る!負けたくない!」という強い思いが、願いがあった。

その願いは叶った。

もっと強く「勝つ!」という思いがあったなら、きっとこの試合は勝てたはず。

ジャンプ池尾 これで2戦1分1敗。

念願の一勝を逃し、まだ辞める訳にはいかなくなった。笑

あとで聞くと「この試合で辞めるつもりだった」とジャンプ。

多忙な仕事とボクシングの両立。人間的成長を目指し、チャンピオンは目指してはいない正樹だけに、皆が「勝ったら終わりだろう」と思っていた。

プロテストから約9か月。

正樹は成長した。強くなった。前向きになった。課題の根性がだいぶついた。

素直で純粋さを持つ正樹が残した課題は「強い思い」や「執念」といったモノだと思う。

この先、整骨院で働いていく中にも更に上を目指すならば「根性」と絶対に成し遂げるんだという強い「執念」が必要になるだろう。

有難い事に整骨院の先生達も正樹のボクシングを、成長を応援してくれているらしい。


「正樹・・辞めれんな・・」とバーニング先輩も見つめる。笑


悔しさは残すものの、闘い切った喜びもある。


控室では相棒、正樹の闘いを見てすでに泣いている有亮がいる。だけど、この後の有亮は強いぞ!笑 正樹から有亮へ関門JAPANのバトンが渡された。

この後、正樹は再起を誓い、来年の新人王戦へのエントリーも口にした。能力は高い正樹。場数を踏み、一つ一つ表れる課題をクリアしていけば、有亮と共に新人王戦での優勝も狙える。

人として、ボクサーとして、どこまで登っていけるか、これからもジャンプ池尾の応援よろしくお願い致します。      会長

                   フィーバー真木、涙の第3戦目へ続く。

  1. のび太

    ちょっと慎重になりすぎたか?
    しかし、技術的にも精神的にも随分と成長したみたいだな。
    まだまだ今から色々な試練が待ち受けているだろう。
    何時かそれらを思い出したとき、笑い飛ばせる位の器のデカイ男になれよ~
    おじさん応援してるぞ!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧