関門ドラマティックファイトVOL.3 悠紀のプロテスト。

関門JAPANボクシングジム


選手らの入念なリングチェックが終わり・・


開場30分後にプロテストが始まった。僕はこの後の選手らのアップの為、悠紀のテストを見る事はできない。

それでも心配はしていなかった。

悠紀は多くの苦労と成長があって、このリングに上がっていた。

中3の終わりにジムに入ってきて、辞めて、高校ではバレー部に。問題があり、部活を辞めてまたジムに戻ってきた悠紀。

辛い経験を味わった事で中3のときと比べて人間的に成長しているように感じていた。僕のボケをうまく拾ってツッコむ能力も開花していた。笑

練習を再開して半年ほどで腰が悪くなり、ジムに通うものの走る事も出来ずに、ほとんど筋トレだけという日が半年ぐらい続いていた。

気持ちが落ちている度に何度も話しをしてきた。

目標を持てていない悠紀に高校在学中でのプロテストを関ドラ3で受ける事を提案した。

「まともに練習できずに悶々とするぐらいなら腰の治療費を作る為にバイトをしたらどうか?それが今できる事じゃないか?」と話すとすぐにジムの前の回転すし屋でバイトを始めた。

バイトを始め、明確な目標を持った事で心が前向きになった。

腰は痛まなくなり、プロテストまで約一カ月半。練習の他に毎日10キロのロードワークを課した。

僕は他の選手らの指導でいっぱいだったけど、悠紀の体が、雰囲気が、ボクシングが、どんどん力強くなっている事を感じていた。

元々、体格もあり、身体能力も高い。だけど僕のところに来る選手は心に問題を抱えている子ばかり。まあ、それを向上させる事がボクシングの意味だと考えているのだから当然の事なんだろう。


出だしは緊張から少し硬かった悠紀だったけど、その緊張も徐々にほぐれてきて・・


練習の成果を十分に発揮できたスパーリングになったようだ。(後でビデオで観ました)


テストが終わり、いよいよ関門ドラマティックファイトVOL.3の開幕!


オープニングムービーが流れ・・


いよいよ第一試合!ジャンプ池尾、因縁のリマッチが始まる!     つづく


結果報告。数日後、悠紀にコミッションから合格通知が届きました。晴れて現役高校生プロボクサーの誕生です!(試合は卒業後になりますが・・)

悠紀のプロテストにも人知れない一つのドラマがありました。

この経験や思いを胸にこれから始まるプロボクシング道を明るく楽しく一生懸命に感謝を忘れず邁進していただきたい!      会長

さ~そろそろリングネーム考えていくぞ~笑 プリティ・・ハマー・・ガッツ・・    

  1. HIRAI

    悠紀、プロテスト合格おめでとう!
    今回の興業、全ての試合に期待しておりましたが実はこのテストが一番気になってました。
    ジムに行く度に黙々と己を磨く彼の姿は既にプロのように見え、いつも影ながら応援しておりました。
    打って打たれてが生業のボクサーだけど、とにかく体だけは大切に。
    そしてプロになってもボクシングを楽しむ事を忘れず、強いボクサー目指して頑張ってほしいと思います。
    会長、カッコいいリングネーム期待してます!ただ本人の希望も「少しは」聞いてあげてください(笑)。

  2. 会長

    HIRAIさん、これからも悠紀を応援してあげてください!(^^)
    まだデビューまでかなり時間があるので、リングネームの方はじっくり考えていきマース!

  3. 勇人

    バレー部ということで、アタックはどうでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧