越本選手、引退。

高橋イズム

TKO負けを喫した越本選手が引退を表明しました。
35才で世界奪取した試合は皆で応援に行き、大いに盛り上がらせてもらいました。
人生の半分以上をボクサーとして生き、チャンピオンにまで登り詰めた越本選手には頭が下がります。
越本選手と会長の努力や苦悩を少しだけ知っているだけに、今日の試合は観ていて辛かったです。
しかし世界チャンピオンになった事実はいつまでも消える事はありません。
その自信や誇りを胸に、第二の人生を幸せに過ごしてほしいですね。
頂点だけがゴールじゃなく、別のゴールだってあるはずです。
頂点に登り、ナンバーワンからオンリーワンの人生が始まるのかな?
それは頂点に登った人だけが味わえる経験なんでしょう。
人は一生のうちにどれだけの経験を積めるかが課題のような気がします。
与えられた場所でできる限りを尽くした越本選手。
本当にお疲れさまでした。
マサ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧