勝者!亀田!

未分類

皆さん、亀田興毅選手のタイトルマッチ観られましたか?
試合が終わった途端、僕の携帯へメールの問い合わせが一斉に届きました!
「今の試合は負けていたのではないか?」「八百長か?」と。
確かに普通に観ていれば印象はそうとれるかもしれません。
僕は1ラウンドから紙とペンを持って採点をつけながら観ていました。
1ラウンド1ラウンド、差が無いように見えても必ずどちらかに10ポイント。片方には9ポイントをつけていく採点方法が採用されていたので、その見方で採点しました。
ちなみに相手からダウンを奪ったラウンドは10対8となります。
僕の採点の結果は1ポイント差で亀田選手の勝ちでした。
言うなれば、勝負に負けて、ポイントで勝ったって感じです。
ルール上、それでも正真正銘、本当の勝者に違いありません。 
今までの試合は確かに怪しい試合はありました。明らかに反則打で勝ったり、相手が弱過ぎたり。
1ラウンドにダウンを喫し、そこから盛り返し、スタミナも切れずよく手を出し続けた。それ相応の練習と強い覚悟を感じました。
若干19才の少年として素晴らしい戦いだったと思います。
亀田選手は協栄ジムやTBSに作られている感じを受けていましたが、そのなかで本当に成長し、本当の力でチャンピオンベルトを掴んだんだと思います。
同じボクシングをしている者として、心の底から拍手を贈り、目頭が熱くなるほどに感動させられました。
先輩のお店で観戦した後、八尋さんのジムへダッシュ!
深夜1時近くまで練習させて頂き、貴重な意見も頂き、本当にありがとうございました。
m(_ _)m
ポジショニングの大切さを再確認! 今日からの練習に早速取り入れて、レベルアップを図ります!
                           マサ

                            

  1. カッキー

    会長の話を聞いて、ポイントでは勝者は亀田選手になるんだなってわかるんですが、やはりポイントではなく、誰でもわかる勝ち方であってほしかったという気持ちは皆同じだったと思います。日本人は特にそういった勝敗のつき方にもこだわる人種なのでは?とちょっと思っちゃいました。さっき見たネットのニュースで防衛を一度もせずに王座返上みたいなことが書いていましたが、それはこれだけ話題になってしまった以上、真の王者である威厳を示してほしいです。

  2. 会長

    与えられた試練を亀田選手がどう乗り越えるか、楽しみです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧