チェンジ濱島(関門JAPAN)VS夏原誠之(マサ伊藤) 試合内容。

関門JAPANボクシングジム

ジャンプ池尾KO勝利のバトンを受け取り・・


チェンジ濱島、試練のデビュー戦へ!


応援団の見守る中、心を決めて・・


リングイン! デビュー戦に花束が贈られる。(^^)


赤コーナー!関門JAPAN所属~ チェンジ濱島~っ!!
選手になりたいと出戻りしてきたのが高校2年生になった頃。

高校の部活でも、腰痛でも、視力の事でもいろいろあった。

練習が出来ずに気持ちが沈んでいた時期もある。

視力回復のレーシック手術の為にバイトも始めた。

走り込みでは先輩ボクサー達に着いて行けず、泣きながら走った。

いろんな事があった。

そして、今、関門JAPANのボクサーとしてこのリングに立っている。


関門JAPAN最年少、18歳でプロデビューする悠紀には「勝ち負け」にとらわれず思い切り戦えと話している。

 

対戦する夏原選手は25歳で18歳の悠紀から見れば完全な大人だろう。アマチュアや異種格闘技の経験もあってパワーでは相手が上だとも聞いている。

 

まだ成長段階で身体の出来あがっていない悠紀にとっては、プレッシャーの掛かる試合だろう。

 

それでも高い身体能力と若さに、大きな伸びしろを感じている。


「悠紀!迷わず思い切り行け!」と念を押す。


ペースもクリーンヒットも取れているが、以前から注意をしている低いダッキングにレフリーからも注意が入る。

 

「悠紀!足で外せ!いいか?ダッキングするなよ!」

 

と言うが、極度の緊張状態の悠紀に声は届いていないようだった。


再三、低いダッキングをしてしまい・・


再びレフリーから注意が。もう一度注意を受ければ減点を取られる。

 

僕の予想では、ここまでポイントは勝っているが、ジャッジの取り方もいろいろあるから減点は極力避けたい。

 

「悠紀~っ!!足で外せ~っ!!」と声を飛ばす。


最終ラウンドまで、打ち合いは続き・・

 


なんとか減点を取られる事なく・・

 


試合終了!!結果は判定へ・・

 


「は~ 疲れた~」とヘタリ込むチェンジ濱島。笑

 


3-0の判定で 勝者!チェンジ濱島!!

 

ギリギリの精神状態の中、デビュー戦を勝利で飾った。おめでとう!(^^)

インタビューもまだ18歳らしく初々しい。今後は日頃の笑いのセンス出していこう!(^_-)

 

この一戦も、これからの一戦一戦も、闘う度にチェンジ濱島は急速に強くなっていく事だと思う。

 

今日の試合では悠紀の力は半分くらいしか出ていないし・・

 

それだけの能力と素直さと・・・僕の指導がある!笑

 

 

 

素直っていうのも才能だ。ボクシングにも、パンチの打ち方にも、その素直さは表れる。

 

 

 

いい素材を持っている。これからは、もっと味付けをして一つ一つ武器を作っていこうと思う。

 

 

 

そして、みんなで、人として強く逞しく優しい人間を目指していこう!

 

これからの悠紀の伸びしろには期待大だ。(^^) 

 


控え室で、以前のフィーバー真木を彷彿させる大泣き。「怖かった~」だって。笑

 


どんだけ泣くねん!笑

 

 

 おわり

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧